FC2ブログ
プロフィール

chafftalk

Author:chafftalk
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

小銭貯金

 実店舗が開店3周年を迎えることができました。
 皆様の応援のおかげと感謝しております。

 メルマガで3周年をお知らせしたら、会社員時代の大先輩のOさんが訪ねてきてくれました。
 私が勤めていたころは、いま振り返れば会社に一番勢いがあった時代で、先輩方も多士済々、ユニークなひとが大勢いました。
 Oさんもその一人です。部署は違いましたが、何かと近しくさせていただきました。
 なんといってもインパクトがあったのがその倹約生活ぶり。新婚時代、毎日のおかずは豆腐1丁であったとか、広報担当なのに自宅に電話を引かず上司に叱責されたとか、スーパーには見切り品が並ぶ閉店前しか行かないとか、風呂はシャワーしか使わない、服はバザーや蚤の市で買うとか、エピソードには事欠きません。

 先日店に来てくれたときにも、新たな仰天エピソードを聞かせてくれました。
 小銭をビンに入れて貯める、小銭貯金と言うのがありますよね。そういえばウチの父親もやっていました。
 Oさんはこの小銭貯金で1000万円(!!)貯めたそうです。
 
 いったいどれぐらいの量になるんだろうと想像しましたが、まるでイメージがわきません。
 Oさんは、小銭を入れたビンをベッドの下に並べていったのだそうです。
 ベッドの下のビンがいっぱいになったところで両替にいったら、だいたい1000万円貯まっていたという話です。

 両替って、そんなにたくさんの小銭をどうやって?と思うでしょ。
 Oさんが持ち込んだのはなぜか銀行ではなくて証券会社でした。
 窓口のお姉さんはさぞかしビックリしたと思います。
 「これ、どうされたんですか?」と聞かれたそうです。自動販売機荒らしか何か、悪いお金ではないかと疑われたらしい。
 わけを話して両替には応じてもらえましたが、両替機のない時代の話ですから、数えるのもひと苦労です。
 時間がかかりそうなのであとで寄ると伝えたら、「そこで見ていてください」といわれ、しかたなく1時間ほど数えるところを見ていたそうです。
 それ以前にも小銭貯金を両替しに行ったことがあって、そのときはポリ袋に詰めていったら、袋が破れてしまい、あたりに小銭が散らばって大変だったと涼しい顔のOさん。

 その後、その証券会社では小銭の両替お断りということになったそうです。

 このOさん、どケチと言う言葉を思い浮かべるかもしれませんが、それとは全然違います。
 今でも毎年のように家族やご夫婦で海外旅行を楽しまれているほか、夫婦で社交ダンスを習っておいでです。(すごくお金がかかるのだと教えてくれました)お住まいは世田谷の超の字のつきそうな豪華マンション。3人の男の子を無事育て終え、ご家族で経営する会社も順調のようです。

 ようはメリハリ、ということなのでしょう。使うところには使う。
 
 マネしようたって、マネのしようもありませんが、小銭を馬鹿にしてはいけないとあらためて思いました。
 小さな商売なんか始めたわけですしね。

 Oさんごめんなさい。あんまり面白い話だったので書いてしまいました。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR